• ホーム
  • トリキュラーは三相性と呼ばれる仕組みのピル

トリキュラーは三相性と呼ばれる仕組みのピル

ピル(経口避妊薬)には、黄体ホルモンであるプロゲストーゲンと卵胞ホルモンであるエストロゲンを配合した薬剤であり、卵胞ホルモンの含有量によって3種類に分類されています。
高容量ピルは、卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラム以上、中容量ピル50マイクログラム、低用量ピルは50マイクログラム以下と決められています。
女性ホルモンを過剰に摂取する中高用量ピルは嘔吐や頭痛などの副作用症状が多く見られた為に、現在では低用量ピルが主流となっていますが、更に女性ホルモンの含有量が少ない超低用量ピルもあります。

低用量ピルは、各ホルモンの配合比率により第一世代から第三世代の3種に分類され、日本国内で最も利用されているトリキュラーは第二世代の経口避妊薬です。
トリキュラーは、生理直後の卵胞ホルモン分泌が盛んな卵胞期、黄体ホルモンの分泌と共に排卵が起こる排卵期、黄体ホルモンが多く不安定な黄体期に合わせて三段階で黄体ホルモンと卵胞ホルモンの用量を変えていく三相性と呼ばれる仕組みのピルであり、生理(月経)の開始と共に服用を開始し、生理の周期に合わせて飲み続けます。

トリキュラーは、3つの女体の仕組みを利用して避妊しています。

1つ目の仕組みは、トリキュラーで女性ホルモンを摂取する事で卵巣へのホルモン分泌抑制し、卵胞の発育を阻害します。
その為、卵子が排出されなくなり、卵管内での受精確率を下げています。

2つ目の仕組みは、子宮頸管から分泌される子宮頚管粘液の性状を薬効により子宮の入口を狭め、精子が侵入しにくい状態にして避妊効果をあげています。

3つ目の仕組みは、月経周期で変化する子宮内膜の厚さを調整して受精卵の着床を抑制し、避妊効果を高めています。

関連記事
トリキュラーの勝手な中止は好ましくない 2020年03月18日

低用量ピルとしてトリキュラーの存在は非常によく知られています。トリキュラーは、日本で一番広く使われている低用量ピルです。服用している人がたくさんいて、また実績も豊富にありますから、中止することなく、安心して使えます。トリキュラーは、避妊効果を維持するために、飲み忘れるということのないよう、留意が必要...

トリキュラーは避妊に効果的だが時には妊娠することも? 2019年12月31日

トリキュラーは経口タイプの避妊用ピルの一種で、生理の周期にあわせて毎日飲み続けることによって、望まない妊娠を阻止するという効果を発揮します。標準的な21錠タイプのトリキュラーであれば、毎日決まった時間に1錠ずつ飲み進め、飲みきったら7日間服用を休み、7日間経過後はふたたび次のシートの錠剤を飲むという...

未成年ピル処方におすすめなのがトリキュラー 2019年12月04日

最近は、日本の社会でも妊娠を避けるための避妊方法として、ピルが浸透しつつあります。一般的には、避妊方法として知られる男性の着用するコンドームもありますが、成功率がほぼ100%に近いピルのほうが確実であると考える人も多いのでしょう。このピルというのは、低用量のホルモン剤であり、産婦人科で処方してもらう...

超低用量のピル、トリキュラーで避妊成功できるのか 2019年11月06日

トリキュラーは日本で最も使用される経口避妊薬の1つです。このトリキュラーはレボノルゲストレルという黄体ホルモンとエチニルエストラジオールという卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンを配合した製剤となっています。トリキュラーは三相性となっており、配合濃度の異なる3種類の実薬が1シートになっています。1週間...

ニキビに悩む高校生にもトリキュラーが有効なの? 2019年10月10日

最近は、日本でも避妊薬としてピルが知られるようになっています。ピルは低用量のものが避妊効果があるといわれており、毎日服用することで、妊娠をしないように調節をしていくことができるのです。もともと、妊娠を避けるために医療機関で処方してもらったり、海外からの個人輸入により入手できる薬なのですが、そのほかの...