• ホーム
  • トリキュラー飲んでて途中から他のピルに変えたら

トリキュラー飲んでて途中から他のピルに変えたら

笑顔の女性

トリキュラーとは、ドイツのバイエル薬品株式会社が製造販売している低用量経口避妊薬(ピル)です。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されており、排卵抑制作用があります。

通常の薬剤と違い、人体のホルモンバランスや排卵周期に合わせ飲み方を変える必要があり、6錠・5錠・10錠を順番に21日間服用し、最後に7日間休んで28日周期に合わせます。
このため、飲み忘れると避妊効果が十分に発揮できなかったり、不正出血が生じる場合があるので注意が必要です。

トリキュラーを飲んでいて他のピルに変える時は、トリキュラーの七日間の休薬期間や、28日の周期に合わせて薬を変えるのが一般的です。
変更するピルの種類によって飲み方が変わる場合があるため、婦人科の医師に相談して指導を受けるとより安全です。
ピルは飲みすぎなどがなければ、それほど身体に影響はありませんが、妊娠が心配な場合は薬の効果がしっかり現れるまで、その他の避妊方法で予防して下さい。

トリキュラーに避妊のほか、生理痛や生理の出血により貧血、子宮内膜症の進行を抑える効果など、ホルモンバランスを安定させ、女性特有の病気を予防したり進行を遅らせたりする効果があります。
飲み始めの時期には、ホルモン環境の変化で副作用が出る場合がありますが、身体が慣れていくに従い症状は徐々に和らぎ、3ヶ月程度で安定します。
副作用の現れ方は個人差があるため、症状が強い場合は他の薬剤に変更する事も考えましょう。

トリキュラーの服用をやめた場合、抑制していた卵巣の働きが再び通常通りに活動を始め、本来の生理周期が回復して排卵が起こります。
早い人では、服用を中止して2ヶ月から3ヶ月で妊娠が可能な状態になります。

関連記事
トリキュラーの勝手な中止は好ましくない 2020年03月18日

低用量ピルとしてトリキュラーの存在は非常によく知られています。トリキュラーは、日本で一番広く使われている低用量ピルです。服用している人がたくさんいて、また実績も豊富にありますから、中止することなく、安心して使えます。トリキュラーは、避妊効果を維持するために、飲み忘れるということのないよう、留意が必要...

トリキュラーは三相性と呼ばれる仕組みのピル 2020年02月07日

ピル(経口避妊薬)には、黄体ホルモンであるプロゲストーゲンと卵胞ホルモンであるエストロゲンを配合した薬剤であり、卵胞ホルモンの含有量によって3種類に分類されています。高容量ピルは、卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラム以上、中容量ピル50マイクログラム、低用量ピルは50マイクログラム以下と決められ...

トリキュラーは避妊に効果的だが時には妊娠することも? 2019年12月31日

トリキュラーは経口タイプの避妊用ピルの一種で、生理の周期にあわせて毎日飲み続けることによって、望まない妊娠を阻止するという効果を発揮します。標準的な21錠タイプのトリキュラーであれば、毎日決まった時間に1錠ずつ飲み進め、飲みきったら7日間服用を休み、7日間経過後はふたたび次のシートの錠剤を飲むという...

未成年ピル処方におすすめなのがトリキュラー 2019年12月04日

最近は、日本の社会でも妊娠を避けるための避妊方法として、ピルが浸透しつつあります。一般的には、避妊方法として知られる男性の着用するコンドームもありますが、成功率がほぼ100%に近いピルのほうが確実であると考える人も多いのでしょう。このピルというのは、低用量のホルモン剤であり、産婦人科で処方してもらう...

超低用量のピル、トリキュラーで避妊成功できるのか 2019年11月06日

トリキュラーは日本で最も使用される経口避妊薬の1つです。このトリキュラーはレボノルゲストレルという黄体ホルモンとエチニルエストラジオールという卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンを配合した製剤となっています。トリキュラーは三相性となっており、配合濃度の異なる3種類の実薬が1シートになっています。1週間...